三輪式ベビーカー自転車『Zigo Leader』が
第4回キッズデザイン賞
ソーシャルキッズプロダクツ部門
審査委員長特別賞
(子どもたちを産み育てやすいデザイン)
を受賞しました

 三輪子供乗せ自転車のほか,ベビーカー,自転車単体としても使える,家族のための新しいトランスポーター『Zigo Leader(ジーゴ・リーダー)』(輸入販売元:NicoRide,神奈川県逗子市)が8月3日,「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」,「創造性と未来を拓くデザイン」,「子どもたちを産み育てやすいデザイン」を顕彰する制度「キッズデザイン賞2010」*1(主催 キッズデザイン協議会)において「キッズデザイン賞2010(商品デザイン部門)ソーシャルキッズプロダクツ審査委員長特別賞*2」を受賞しましたので,お知らせいたします.

 自転車(完成車)がキッズデザイン賞 上位賞(最優秀賞,優秀賞,審査員長特別賞)を受賞するのは,Zigo Leaderが初めてです.

 『Zigo Leader』の「キッズデザイン賞2010(商品デザイン部門)ソーシャルキッズプロダクツ審査委員長特別賞」受賞理由は,

「自転車とベビーカーの融合という、デザイン力の斬新性を評価した。こうした楽しい育児支援モビリティが、安全に走行できるインフラ整備のためのドライブとなることに期待を寄せつつ評価した。」と,審査委員に斬新製と可能性を高く評価されました.

 8月4日にTEPIA(財団法人機械産業記念事業財団)にて開催された表彰式において,審査委員長の赤池学先生は講評のなかで,Zigo Leaderを下記のように評価してくださいました.

講評要旨(Zigo Leaderに関係する部分)

「審査委員長特別賞に選んだZigo Leaderについては,正直に申しまして,審査委員会の中で大変な議論になりました.この三輪自転車は車体が大きいので,法律上,車道走行が必須.歩道を走ることができません.一方で国内メーカーでは,普通の自転車を改良して,運転者の前後に子ども二人を乗せる自転車を販売していて,こちらは歩道を走ることができる.そこで審査委員会が判断基準としたのは「どちらが子ども目線のデザインなのか?」という点です.どちらが「より子どもが安全に」あるいは「より子どもが楽しく」移動できる乗り物なのか,それを重視して選考いたしました.
 また,この選考の裏には,単にキッズデザインとして優れている,というだけではなく,このZigo Leaderのような楽しい育児支援モビリティが,安全に走行できるインフラ整備のためのドライブとなることに,われわれは期待を寄せているのです.キッズデザインを突き詰めて行くと,ソーシャルデザインにも関係して行きます.そのような審査委員会の願いを込めて,今回,特別賞に選びました」

 NicoRideでは,この受賞を励みに,今後とも,子育て世代を応援する安全・安心な子供乗せ自転車「Zigo Leader」の普及に邁進して参ります.

*1 「キッズデザイン賞」とは,キッズデザイン協議会(内閣府認証NPO,本部:東京都文京区)が,「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「創造性と未来を拓くデザイン」そして「子どもたちを産み育てやすいデザイン」というキッズデザインの理念を実現し,普及するための顕彰制度.

キッズデザイン協議会のホームページ:http://www.kidsdesign.jp/

*2 「キッズデザイン賞 ソーシャルキッズプロダクツ 審査委員長特別賞」は,キッズデザイン賞2010(商品デザイン部門)の受賞作品のうち,最優秀賞(大臣賞),優秀賞(キッズデザイン協議会会長賞)のほかの優れた作品に対して贈賞されるものです.

Zigo日本総代理店
NicoRide(ニコライド)
E-mail: info@nicoride.jp


表彰式の様子につきましては,当店ブログにてご報告しておりますので,そちらも併せてご覧ください.

 
 
 
 
 
Dealer Section : Terms and Conditions : Privacy Policy : Site Map

© 2007-2009 SOMA Cycle, Inc., DBA Zigo, Inc. ZIGO, LEADER, the ZIGO LOGO, LEADERLINK, CHILDPOD, "There's no looking back" and "Anything else is just a trailer" are trademarks of SOMA Cycle, Inc.